2014年08月03日

2014FIFAワールドカップの日本代表

ワールドカップが終わり1ヶ月近くたつので今更ですが、日本代表への感想を書いておきます。
4年前の自分の書き込みを見たのが書く動機ですが。

初戦のコートジボワールに負けた時に半分くらい気合いがなくなったのですが・・。
3戦を見て、指向する戦い方は良い方向だと思いました。前線から激しいプレスをかけパスを繋げてシュートまで持ち込む、ということをやろうとしていた。しかし、日本が他の国に勝てるのは組織力と運動量だと思っていますが、その「運動量」が他の国に負けていたのが驚きでした。どうしてそうなったんだろな、買いかぶっていたかなと。

4年後、この路線でレベルアップした姿をみせてほしい。路線がぶれるのが一番良くない。
協会は、今後数十年において日本が指向するサッカーを明確に宣言すべきだと思う。

posted by じじさんま at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102119282

この記事へのトラックバック