2013年06月03日

CDが売れないという

 CDが売れないという話が数年前から言われてるけど、当たり前だと思うのだけどね。今CDプレイヤーで実際に聞いている人の割合はどれくらいいるのだろうか? ほとんどの人はCDを買うなりレンタルすると、圧縮し、MP3プレイヤーやスマホで聞くのではないだろか。CDがそのまま聞かれていない状態を無視してるとしか思えない。音楽業界の人は、CD基準でいつまで考えるのだろうか。

 iTunesに提供する日本の会社は増えてきたけど、1曲200円って売る気がないとしか思えない。アルバムのレンタルが1枚200円とかでできるというのに、誰が買うのか。1曲は買う人はいたとしても、アルバムでとなるとレンタルで借りようとなるのではないだろか。CDの販売とレンタルを重視するあまり、戦略を間違っていると思う。
posted by じじさんま at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68776571

この記事へのトラックバック